マンションリフォームは東京練馬区のイー・ビルド
HOME>マンションリフォーム


マンションリフォーム

マンションリフォームのプランニング
マンションリフォームで考えなければいけないこと
マンションリフォームの場合、共有部分の構造と管理規約を無視することができません。
そのため、マンションという限られた空間の中を、どれだけ有効に使えるかを検討する前に、出来る部分出来ない部分をはっきり理解する必要があります。
マンションリフォームで考えなければいけない事
マンションリフォームでできないこと
○構造上重要な部分の改造 改造できません
マンションの構造に関係してくる躯体や構造体を勝手に改造することはできません。
【例】
壁に穴を空けたり、削ったりすることは一般的にできません。

通路 ○避難経路の妨害
マンションには災害時のために避難経路を設けてあります。
その為、個人のリフォームなどによる避難通路部分に影響が出る施工などは許されません。


○共用部分を個人でリフォーム
マンションには共用部分がいくつかあります。
廊下はもちろんのこと、ベランダなどは専用の使用権はありますが、共用部分になりますので、外観を損ねたり、荷物を増やすなどは一般的に禁止されています。

検討 ○各マンションの管理規約違反
上記に挙げた内容は一般的なマンションリフォームを行なう際の禁止項目を挙げましたが、各マンションによって管理規約が異なってきます。
そのため『できること』『できないこと』が変わってきますので、一度ご確認の後、ご検討して下さい。
マンションリフォームのポイント

 ○キッチン/バスルームなどの水廻り

キッチン/バスルームなどの水廻り
キッチンバスルームトイレなどの水廻り関係のリフォームは、給排水の関係上、配管スペースを確保しなければいけません。
そのため配管の距離を考えながら、無駄な配管距離を伸ばさないようなプランニングをしましょう。

○収納スペースの確保

収納スペースの確保
マンション収納のスペースが確保しにくいことがありますが、家具やデッドスペースをうまく利用した収納空間を作りましょう。
壁面収納や機能性収納などをうまく活用し、納得のいく収納スペースを作りましょう。

○リノベーションで大幅な間取り変更

リノベーションで大幅な間取り変更
ほとんどのマンションの構造体は、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨造(S造)で、コンクリートか軽量コンクリートで囲われています。
そのため壁構造のマンションなら間取りを自由に変更することが可能です。

○マンション床先行工法

マンション床先行工法
床を先行して仕上げ、その上に間仕切りを建てるので、間取りの変更など将来のリフォームをする際に容易に行なえます。
現状では間仕切りも先行のため、間取り変更の場合まで取り壊さなければならないので費用も工期も増大!!
階下への遮音性能も二重床で安心!!

○マンションベランダ活用

マンションベランダ活用
マンションのベランダは共用部分だからといってあきらめていませんか?
一工夫してあげるだけでマンションのベランダも素敵な空間になります。
ベランダにデッキを配置し、水はけをよくしてあげることで、ちょっとしたガーデニングに最適です。